フォト
無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2017年5月 »

2016年2月29日 (月)

豊後森へ譲渡されたSL蒸気機関車の経緯取材 … 28年2月27日(鉄道公園・立坑櫓他)

Photo志免町にあったSL蒸気機関車が、戦いもむなしく志免町での保存が議会で否決され、解体を目前にした一昨年、これを受け何とか解体だけは免れるため、SL機関車の保存に取り組んでいるNPO法人の入江氏他と水面下で移転を模索し、その先が玖珠町に決定、今は立派に補修、化粧直しされ展示されている訳ですが、今般、交通新聞社から発刊されている「鉄道ダイア情報・月刊誌」の方が、豊後森への視察途中に、移転の真相と顛末の取材のため入江氏共々立ち寄られました。いつの日か「何故志免町に保存されなかったのか」を語りたいと思っています。今、玖珠町では、このSL蒸気機関車のお蔭で、観光で来町される方が大幅に増となっているそうです。(写真は立坑櫓をバックに記者と)

志免中央小学校3年生・ボタ山登山学習 … 28年2月26日

Img_0001Img_00061月に中央小学校3学年全体学習として「志免立坑櫓」のお話をしましたが、その時に是非「ボタ山」に登ってみてはと提案し、天候で延び延びとなっていましたがやっと晴天のもと実現いたしました。前日もボタ山階段の整備をして万全の準備で迎えました。(写真左…中腹までの登山道 右…中腹から頂上までの登山道を登る子供たち)

Img_0002Img_0009
3年生4クラス180名近くの生徒が2班に別れて登山。中腹からは1クラスごとに頂上を目指し、頂上でボタ山の歴史や郷土の話をいたしました。絶景を見た子供たちからは「すごーい」との感激の声が上がり、自分の家を発見してまた歓声。(頂上でのクラス写真…1クラスだけ写真がありませんてした。ごめんなさい!)

ほとんどの子供たちが登山の途中でボタ石を拾い「これ石炭??…」と聞いていました。(写真右下) ものすごく興味を持ってくれました。石炭と思われる石を拾った子もいましたが、ほとんどボタ石ですが登山の記念に大事に持って帰っていました。

Img_0012Img_0015家にかえってご家庭で、ボタ山の話や頂上から見た郷土、自分の家、等々…話が盛り上がってくれればと願うばかりです。 今度は須恵町の子供たちも登山をするとのお話も。子供たちに「郷土愛」が芽生えたことを確信した一日でした。

志免中学校・志免東中学校 合同立志式 … 28年2月19日(町民大ホール)


20160219_145755_2
恒例の中学校2年生を対象にした合同の「立志式」が開催されました。立志は昔の元服し成人としての待遇と責任を表示した故事に習って行われているもので、2名の生徒が立志の決意を、両親・兄弟・友人に感謝する言葉や部活で相手を敬う事を教わったと述べ、人生への想いを決意として述べていました。

亀山リトルファイターズ創立30年記念式典 … 28年2月14日(シーメイトホール)

志免町ジュニアソフト20160214_133914ボール同好会のチーム、「亀山リトルファイターズ」が創立30年を迎え、記念式典と祝賀会が盛大に開催されました。来賓としてご挨拶をいたしましたが、歴代の監督・コーチ、選手、ご家族、現役の子供達も参加して和やかに
開催されました。(左…懇親会)

20160214_133939_2


時代の変化で子供たちの想いがソフトボールから離れていく中、今なお町の子供たちの健全育成とスポーツ振興の中心的チームとして活動されているチーム、そして関係者に心から敬意を表したいです。(右…歴代のチーム写真展示)

2016年2月 9日 (火)

ボタ山登山道整備 … 2016年2月6日

Img_0001
1月28日に志免中央小学校3年生を対象に志免立坑櫓の講演を行い、その折、ボタ山登山の話をしていましたが、早速2月12日に学年全生徒で登山をしたいとの要請があり、「ボタ山推進協議会」の事務局(志免町)に許可を得、事前に安全対応の為、登山道階段の整備を会員5名の参加にて実施しました。(写真) 登山当日は180名近い生徒や先生が登山をし、郷土を眼下に望み感動する事でしょう。天気を祈るばかりです。

2016年2月 2日 (火)

志免中央小学校3年生・志免立坑櫓勉強会講演…28/1/28

1
志免中央小学校の3年生が、1950年代の町内の建物を勉強していたところ、志免立坑櫓が何も使用されていないのに何故残っているのかとの疑問が起こり、この事他立坑櫓について勉強したいとのことで、講演依頼があり、3年生全員約130名を前にお話をいたしました。

炭鉱の歴史や櫓の解説を話しながら、大きなテーマ「なぜ残っているの」について「櫓って何なの」「いつごろ使われたの」「なんでImg_0005町の誇りになるの」「ボタ山と立坑櫓はどうなるの」との観点から、パワーポイントで説明後、質疑応答。

皆さんしっかり聴いていただき質疑も何十人もの生徒が手を挙げたが時間の関係で5~6人が質問。これだけでも生徒の興味度がわかります。1時間の講演の最後に「建って100年となる27年後の2043年には「世界遺産」の仲間入りかも??」「みんなで大事に活かそう地域の宝、志免立坑櫓とボタ山を」と締めくくり、「知らない事をいっぱい勉強できました」との生徒の感想と、先生の音頭で、全員大きな声で立坑櫓とぼた山にエールを送り終わりました。

終了後校長室で近いうちに「ぼた山」に皆で登ることを約束し大変有意義な、また、貴重な一時でした。 

« 2016年1月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック