フォト
無料ブログはココログ

2016年2月29日 (月)

志免中央小学校3年生・ボタ山登山学習 … 28年2月26日

Img_0001Img_00061月に中央小学校3学年全体学習として「志免立坑櫓」のお話をしましたが、その時に是非「ボタ山」に登ってみてはと提案し、天候で延び延びとなっていましたがやっと晴天のもと実現いたしました。前日もボタ山階段の整備をして万全の準備で迎えました。(写真左…中腹までの登山道 右…中腹から頂上までの登山道を登る子供たち)

Img_0002Img_0009
3年生4クラス180名近くの生徒が2班に別れて登山。中腹からは1クラスごとに頂上を目指し、頂上でボタ山の歴史や郷土の話をいたしました。絶景を見た子供たちからは「すごーい」との感激の声が上がり、自分の家を発見してまた歓声。(頂上でのクラス写真…1クラスだけ写真がありませんてした。ごめんなさい!)

ほとんどの子供たちが登山の途中でボタ石を拾い「これ石炭??…」と聞いていました。(写真右下) ものすごく興味を持ってくれました。石炭と思われる石を拾った子もいましたが、ほとんどボタ石ですが登山の記念に大事に持って帰っていました。

Img_0012Img_0015家にかえってご家庭で、ボタ山の話や頂上から見た郷土、自分の家、等々…話が盛り上がってくれればと願うばかりです。 今度は須恵町の子供たちも登山をするとのお話も。子供たちに「郷土愛」が芽生えたことを確信した一日でした。

志免中学校・志免東中学校 合同立志式 … 28年2月19日(町民大ホール)


20160219_145755_2
恒例の中学校2年生を対象にした合同の「立志式」が開催されました。立志は昔の元服し成人としての待遇と責任を表示した故事に習って行われているもので、2名の生徒が立志の決意を、両親・兄弟・友人に感謝する言葉や部活で相手を敬う事を教わったと述べ、人生への想いを決意として述べていました。

2016年2月 9日 (火)

ボタ山登山道整備 … 2016年2月6日

Img_0001
1月28日に志免中央小学校3年生を対象に志免立坑櫓の講演を行い、その折、ボタ山登山の話をしていましたが、早速2月12日に学年全生徒で登山をしたいとの要請があり、「ボタ山推進協議会」の事務局(志免町)に許可を得、事前に安全対応の為、登山道階段の整備を会員5名の参加にて実施しました。(写真) 登山当日は180名近い生徒や先生が登山をし、郷土を眼下に望み感動する事でしょう。天気を祈るばかりです。

2016年2月 2日 (火)

志免中央小学校3年生・志免立坑櫓勉強会講演…28/1/28

1
志免中央小学校の3年生が、1950年代の町内の建物を勉強していたところ、志免立坑櫓が何も使用されていないのに何故残っているのかとの疑問が起こり、この事他立坑櫓について勉強したいとのことで、講演依頼があり、3年生全員約130名を前にお話をいたしました。

炭鉱の歴史や櫓の解説を話しながら、大きなテーマ「なぜ残っているの」について「櫓って何なの」「いつごろ使われたの」「なんでImg_0005町の誇りになるの」「ボタ山と立坑櫓はどうなるの」との観点から、パワーポイントで説明後、質疑応答。

皆さんしっかり聴いていただき質疑も何十人もの生徒が手を挙げたが時間の関係で5~6人が質問。これだけでも生徒の興味度がわかります。1時間の講演の最後に「建って100年となる27年後の2043年には「世界遺産」の仲間入りかも??」「みんなで大事に活かそう地域の宝、志免立坑櫓とボタ山を」と締めくくり、「知らない事をいっぱい勉強できました」との生徒の感想と、先生の音頭で、全員大きな声で立坑櫓とぼた山にエールを送り終わりました。

終了後校長室で近いうちに「ぼた山」に皆で登ることを約束し大変有意義な、また、貴重な一時でした。 

2015年3月21日 (土)

志免西小学校卒業式…平成27年3月18日



志免西小学校第141回の卒業式が行われました。天候に恵まれて開催された中学校の卒業式と違って、あいにくの雨での卒業式でした。福岡県下で2番目のマンモス校の卒業式。卒業生は187名でImg_9458す。これでこれまでの卒業生は総計で11,562名になりました。城戸校長の挨拶は、昔、若かりしときの話で、担任したクラスに、全国に名が売れた野球クラブに所属した子供がいて練習を見に行ったとき、そのクラブの関係者の方のような人から、「今の子供たちより以前の子供たちの方が凄く強かった。Img_9461


何故か。それは今の子はランニングでも監督の見ていない時は手を抜く。昔の子はそんな事はなかった。だから強かった」と話されたと言われ、卒業生へ贈る言葉として「誰からも見られていない時を大切にして下さい」とエールを送られた。卒業生と一緒に「仰げば尊し」と「校歌」を歌い泣いてしまいました。卒業生の皆さん「卒業おめでとう」

2015年3月13日 (金)

志免中学校・卒業式

平成26年3月13日…志免中学校

3月の中ごろというのに今朝の気温はマイナス。何と寒い中、志免中学校、第68回の卒業式が厳粛のうちにPhoto開催されました。今年の卒業生は281人で、先輩卒業生達の仲間に加わり、志免中卒業生は述べ20,883名となりました。

この数だけでも歴史の重みを感じます。今泉校長の式辞挨拶。ご本人の病気との葛藤からの体験を、贈る言葉として語られた。それは 1. 苦しいときは周りを見なさい。先生や多くの皆さんが、そして誰かが支えてくれている。 2. 最後まであきらめない。3. 毎日のり返しの日々日常生活は掛けがえのないものだと…  そして在校生の送辞に答え卒業生が歌う。それは組曲「筑後川」から「河口」と言う曲です。 なんで筑後川の歌なのかとの疑問は直ぐに解けました。 合唱コンクールでの学年曲だそうで、歌いだしの「終曲(フィナーレ)」…… なるほどと納得! そして答辞の挨拶。樋口君です。素晴らしい挨拶でした。 参列した来賓は皆が口を揃えて賛辞のエール。 挨拶の内容、構成、メリハリの効いた声、涙が出るほど素晴らしの一言です。昼からの予算委員会の中でもこの話で盛り上がり。本当に素晴らしかった。…卒業おめでとう!!

2015年2月21日 (土)

志免町中学校立志式(平成26年度)

平成27年2月20日…志免町民センター大ホール

中学校2年生を対象とした恒例の「立志式」が、7年ぶりに志免中(295名)と志免東中(134名)合同で計429名の生徒と来賓、父兄、関係者が集い、ほぼホール満席の中、盛大かつ厳粛に開催されました。

式典パンフレットに「志免町中学校立志式の歴史について」が記されており紹介します。

(志免町誌より) 新学制発足以来、新制中学校は内包する幾多の障害を克服しながら、不動の教育体系を確立していった。しかし昭和30年代に始まる高度経済成長と、これに続く技術革新の波は、モノ優先、学歴偏重の風潮を生み、学校教育20150220_145620にひずみを生じるようになった。高度化する学習内容についてゆけず、学習不適応の生徒は、校則違反や問題行動をとって反抗し、次第に校内暴力の兆しを強めていった。 学校では、生活指導や道徳教育を強化しながら、その一環として昭和43年、町行政の支援によって「立志碑」を建立した。立志碑は、直接学校教育の一環として強く生徒の心情に問いかけ、責任ある社会の一員としての自覚を深めようとするものである。その昔、14才で(時代により相違はあったが)元服し、成人としての待遇と責任を表示した故事にならい、第2学年進級を機会に「立志」の決意を作文にしたためてこの碑に格納している。(この碑は志免中グラウンド西側斜面にこんりゅうされている。)

式典では町より記念の本が14冊贈呈された。校長の訓辞で「志免町ではこのように全2年生が一同に会する機会が2度ある。今日と次は成人式。立派な成人の皆さんと再会しよう」と挨拶されたが、毎回感じることだが、「この凛々しい姿が成人式でも」と念じたのは参列者皆の思いだろう。 (写真…壇上で立志の決意を述べる生徒)

2012年4月12日 (木)

「志免西小学校入学式」…H24.4.11

023_2


021


前日の中学校続き、志免西小学校の入学式に出席。185名の可愛い新入生が入学しました。今年も行儀が良い子供達ばかりでビックリ? 須惠第一小学校で子供たちを「縄跳び全国大会」で準優勝を果たさせた校長先生が志免西小の校長に四月から赴任。新入生に向かって壇上で、パネルに (あ)→ありがとう (い)→いのち (う)→うんどう (え)→えほん (お)→おはよう … の言葉を使ってそれぞれの思いと願いを新入生に語られた。(写真・上) その後、子供達は担任の先生を初めて紹介され眼をパチクリ?(写真・下)…皆、元気で健やかに育って下さい! (それにしても、書きたくないけど今日も議長席に議長は不在。どうなってるのか。怒り!!)

「志免中学校入学式」…H24.4.10

002


平成24年度の「志免中学校入学式」が行われ出席しました。65年の歴史と、2万人以上の卒業生を送った伝統ある志免中学校に今年も282名の新入生が入学しました。粕屋地域最大のマンモス校です。多くの仲間と素晴らしい中学生活を送ってもらいたいものだ。それにして議長はまたしても出席していない。一体どうなっているのか。

2012年3月16日 (金)

「志免西小学校・第138回卒業式」……(H24年3月16日)

0061


015


011


志免西小学校の第138回卒業式が行われました。卒業生153人と県内でも千名のマンモス校の卒業式です。執行校長から送る言葉として、東日本大震災の教訓から、マザーテレサの「あなた方の最良のものを与えなさい」が語られ、最良のものは形あるものだけではないと ! エールが送られました。(写真・上) 式典前に校長から「今年の卒業式は卒業生も五年生も最高です」と語っておられましたが、本当に素晴らしい式でした。式典中、私語はまったくなく、椅子を回転させる時も音もせず本当に素晴らしかったです。また来賓者や地域の人、先生への謝辞の下りでは、粛々とその方達の方へ向くサプライズ。(写真・中) 本当に感動しました ! また答辞の言葉に「子供の権利条例がある志免町が誇りです」と卒業生が語ってくれ、関係者として涙が出ました。(写真・下) 本当に初めてと言って良いほどの素晴らしい卒業式でした。「子供たちよありがとう ! そして卒業おめでとう」

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック