フォト
無料ブログはココログ

2017年5月22日 (月)

2017年・ぼた山初日の出登山会 (2017/1/1)

Img_0404_2


Img_0412


恒例の「志免立坑櫓を活かす住民の会」開催行事の「2017年ぼた山初日の出登山会」を開催。毎年、新年の恒例行事として認知され、今年は天気予報も晴天の予想から、過去最高の170名近くの方が参加され、頂上は人で一杯となりました。ご来光に今年一年の平和と健勝を祈念して「万歳」を皆で叫びました。

2016年2月29日 (月)

志免中央小学校3年生・ボタ山登山学習 … 28年2月26日

Img_0001Img_00061月に中央小学校3学年全体学習として「志免立坑櫓」のお話をしましたが、その時に是非「ボタ山」に登ってみてはと提案し、天候で延び延びとなっていましたがやっと晴天のもと実現いたしました。前日もボタ山階段の整備をして万全の準備で迎えました。(写真左…中腹までの登山道 右…中腹から頂上までの登山道を登る子供たち)

Img_0002Img_0009
3年生4クラス180名近くの生徒が2班に別れて登山。中腹からは1クラスごとに頂上を目指し、頂上でボタ山の歴史や郷土の話をいたしました。絶景を見た子供たちからは「すごーい」との感激の声が上がり、自分の家を発見してまた歓声。(頂上でのクラス写真…1クラスだけ写真がありませんてした。ごめんなさい!)

ほとんどの子供たちが登山の途中でボタ石を拾い「これ石炭??…」と聞いていました。(写真右下) ものすごく興味を持ってくれました。石炭と思われる石を拾った子もいましたが、ほとんどボタ石ですが登山の記念に大事に持って帰っていました。

Img_0012Img_0015家にかえってご家庭で、ボタ山の話や頂上から見た郷土、自分の家、等々…話が盛り上がってくれればと願うばかりです。 今度は須恵町の子供たちも登山をするとのお話も。子供たちに「郷土愛」が芽生えたことを確信した一日でした。

2016年2月 9日 (火)

ボタ山登山道整備 … 2016年2月6日

Img_0001
1月28日に志免中央小学校3年生を対象に志免立坑櫓の講演を行い、その折、ボタ山登山の話をしていましたが、早速2月12日に学年全生徒で登山をしたいとの要請があり、「ボタ山推進協議会」の事務局(志免町)に許可を得、事前に安全対応の為、登山道階段の整備を会員5名の参加にて実施しました。(写真) 登山当日は180名近い生徒や先生が登山をし、郷土を眼下に望み感動する事でしょう。天気を祈るばかりです。

2016年2月 2日 (火)

志免中央小学校3年生・志免立坑櫓勉強会講演…28/1/28

1
志免中央小学校の3年生が、1950年代の町内の建物を勉強していたところ、志免立坑櫓が何も使用されていないのに何故残っているのかとの疑問が起こり、この事他立坑櫓について勉強したいとのことで、講演依頼があり、3年生全員約130名を前にお話をいたしました。

炭鉱の歴史や櫓の解説を話しながら、大きなテーマ「なぜ残っているの」について「櫓って何なの」「いつごろ使われたの」「なんでImg_0005町の誇りになるの」「ボタ山と立坑櫓はどうなるの」との観点から、パワーポイントで説明後、質疑応答。

皆さんしっかり聴いていただき質疑も何十人もの生徒が手を挙げたが時間の関係で5~6人が質問。これだけでも生徒の興味度がわかります。1時間の講演の最後に「建って100年となる27年後の2043年には「世界遺産」の仲間入りかも??」「みんなで大事に活かそう地域の宝、志免立坑櫓とボタ山を」と締めくくり、「知らない事をいっぱい勉強できました」との生徒の感想と、先生の音頭で、全員大きな声で立坑櫓とぼた山にエールを送り終わりました。

終了後校長室で近いうちに「ぼた山」に皆で登ることを約束し大変有意義な、また、貴重な一時でした。 

2016年1月12日 (火)

平成28年「初日の出ボタ山登山」 100人以上の方が参加

2_4


1_5


恒例となった志免立坑櫓を活かす住民の会主催の「初日の出ボタ山登山」を今年も開催いたしました。今年は開催10年目となりますが、雨天中止が一度あり、厳密には9回目の登山です。遠くは熊本の方を含め110人という大勢の方が暗い中、温かいココアを呑んで頂いた後、「活かす会」手作りのボタ山階段を登ること15分~20分。頂上は広く整備していますのでこれだけの方でもスペースは十分。私の海軍炭鉱から国鉄炭鉱の歴史、地域の歴史、ボタ山の説明ガイドで時間をつぶして頂いて待った今年の初日の出、ご来光は近年にない素晴らしいものでした。頂上に感動の歓声が響きました。階段の整備や草刈りなど大変ですが、このときの皆さんの笑顔で苦労も吹っ飛びます。(写真)上…初日の出 中…万歳を皆で 下…下山の様子
3


2015年1月 2日 (金)

2015年元旦ボタ山初日の出登山 (2015年1月1日)

Img_9143


新春恒例の「ボタ山初日の出登山会」を志免立坑櫓を活かす住民の会主催で開催しました。今年は大晦日の悪天候、元旦の雪予想や全国的に太平洋側の一部にしか初日の出は見れないとのニュース等で開催も危ぶまれましたが、早朝起きると何と雲の一部が切れ晴れ間も! 早朝4時半から準備。6時集合の時間には雪も雨もなくただ強風が吹くだけ。こんな状況にもかかわらず33人の方が参加され、熱いココアを飲んで頂上を目指しました。雲の流れがあいにく日の出時に厚くなりご来光はチョッとだけでしたが、今年一年の健康と幸を祈って万歳三唱をしました。…ところが下山の途中にご来光が? Img_9135


残念!

ボタ山階段整備 (2014年12月27日)

ボタ山初日の出登山を前に、「志免立坑櫓を活かす住民の会」と「須恵町・町議」の有志で、ボタ山の階段を整備しました。Img_9132


Img_9129

第2回 ボタ山カップ争奪粕屋地区ジュニアソフトボール大会 (2014年10月26日)

Img_8784


地域の繁栄を担ってきた石炭産業を子供たちに知ってもらいその遺跡他を育んでもらい郷土愛を持ってもらう事を目的に昨年から開催している大会「ボタ山カップ争奪粕屋地区ジュニアソフトボール大会」の第2回大会を「志免立坑櫓を活かす住民の会」と「志免ジュニアソフトボール同好会」共催で開催しました。今年も6月にシーメイトグラウンドで大会とボタ山登山を予定していましたが、雨天で延期していましたが、会場を志免中央小学校と町民グラウンドに変更して開催いたしました。(写真左・大会会長古庄の挨拶)

今年は延期になった関係で昨年より3チーム少ない17チーム、350名以上の選手が粕屋地区、福岡市他から参加しました。優勝は粕屋町の「原町キングス」でした。(写真・下)Img_8820

平成26年元旦「ボタ山初日の出登山会」開催  2014年1月1日

004_2


昨年(平成26年)元旦の「ボタ山初日の出登山会」の様子です。70名近い参加者でご来光に皆で万歳を行い一年の健康と幸を祈願いたしました。006




2013年7月 3日 (水)

第1回ぼた山カップ争奪粕屋地区ジュニアソフトボール大会開催

◇開催日 6月23日(日曜日) 志免町シーメイトグラウンド他

002010
028008









037
地域の繁栄を担ってきた石炭産業、その礎として今も地域に残っている国の重要文化財「志免立坑櫓」は今年築70年の記念すべき年を迎えました。また立坑櫓と同じく歴史を刻んできた「ぼた山」。これらの遺跡を広く地域の子供たちに知ってもらうことと、子供達の健全育成を目的に、「志免立坑櫓を活かす住民の会」と「志免ジュニアソフトボール同好会」とが共催して、初めての「ぼた山カップ大会」を、ぼた山の麓、立坑櫓の下のグラウンドで開催いたしました。遠く筑紫野市や新宮町、粕屋町、宇美町、そして地元の志免町から合計20チーム、選手300名以上が参加頂きました。試合とは別に当日の大きなイベントとして、参加選手全員が開会式後、ぼた山に登るようにしていましたが、(ぼた山の階段280段は、志免立坑櫓を活かす住民の会が手作りで設置し整備管理をしています。大会前も延べ3日をかけて補修整備と草刈をいたしました)朝からの小雨模様で登山は中止といたしました。大会は雨模様によるグラウンド不良で優勝戦だけくじ引き抽選となり、宇美町の「明治バイソン」チームが記念すべき第1回大会の優勝チームとなりました。またサプライズ企画として実施した、ぼた山階段当てクイズは筑紫野市の「シャークス」が3段違いで優勝。 試合の合い間、子供たちが大会本部に、石炭やぼた山、立坑櫓等の質問に来てくれる姿に感動いたしました。生憎の雨の中の大会でしたが、これからも継続して開催する事を取材に来てくれたテレビや新聞で約束をいたしました。参加してくれた選手の皆さん、ご協力ご支援頂いた関係各位に心から感謝申し上げます。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック