フォト
無料ブログはココログ

2017年5月22日 (月)

飛龍太鼓「ひびきの杜」開催  2017/2/19

志免町の飛龍太鼓が主催し、太鼓や踊りを通して、地域活動や教育を展開している保育園や団体に呼び掛け、演奏発表会を開催されました。大変盛会でした。Img_0515

2009年2月17日 (火)

「志免飛龍太鼓」10周年記念発表会

平成21年2月15日(日) PM13:30~ … 町民センター大ホール

Img_5075 「志免飛龍太鼓」の10周年記念発表会が、830名収容の大ホールで立ち見まででる超満員の観衆を集め盛大に開催されました。メインテーマ「回帰」 サブタイトル「一打一照」。平田団長を中心に団員全員で10年間の集大成としてこの数ヶ月間毎日練習を重ねた上での発表会。とにかく「感動した」の一言です。そしてコラボされた「福岡朝鮮歌舞団」「松崎ご夫妻」にも感謝し、全てが本当に素晴らしかった。特に何度も聞きますが志免立坑櫓と炭鉱関連のスチールをバックに演じられた「やImg_5105 ぐら無双」には大感激でした。こんなにも町民を感動させたグループが志免町に居ただろうか。『「君達がいる志免町は誇り」と思わせてくれた飛龍太鼓「本当にありがとう」』…「副長の藤富くん。新天地での人生に幸あれ」 (写真上・やぐら無双 下・全員でのフィナーレ)

2008年12月 4日 (木)

第16回福岡県民文化祭「福岡1ブロック芸術文化のつどい」

平成20年11月30日 … クリエイト篠栗 (篠栗町)

Img_4480 福岡1ブロック(粕屋地区、宗像市、福津市)の芸術文化のつどいが、エリアの各地から多くの出演者が集い盛大に開催さ れました。式典後、地元二団体のアトラクションが披露され各地からの芸能発表が行われました。(写真上・県指定太祖神楽 写真下・篠栗太鼓)Img_4481

2008年10月21日 (火)

粕屋地区・美術展と表彰式

平成20年10月19日…志免町民体育館・町民センター視聴覚室

古賀市・粕屋郡Img_4088の第36回美術展が志免町民体育館で開催されており、受賞者の表彰式が 町民センター視聴覚室で行われた。素晴らしい作品の数々でした。Img_4090

(写真上・美術展会場 写真下・表彰式)

2008年9月15日 (月)

八久保氏の絵画展(懐かしの志免町)

平成20年9月11日(木) … 志免町民センターロビー

 志免町出身でImg_3757志免に住んでおられた(現福岡市在住)八久保さんの絵画展が、志免町民セ ンターロビーで開催されました。今年2月には須惠町の久我美術館で開催されましたが(小生のブログで紹介)今回はその時の作品とは違ったものを展示されました。町の担当課職員の話では、この種の展示会ではImg_3758過去最高の観覧者とのこと。特に、志免町の水車橋の絵は、欄干が壊れた橋の様子など当時を懐かしく降りかえさせるとのことで、人気の所以のようです。先週行わImg_3763 れた「石投相撲」の時に「昔は水車橋の処で行っていた」との長老の話を思い出しつつ拝見しました。また立坑櫓の絵を見て、平成元年当時の蔦の伸び方が現在と比べてこんなに違ったのかと教えて頂き感動いたしました。素晴らしい絵画展でした。

写真上・中…水車橋のようす  写真下・立坑櫓

2008年3月17日 (月)

「第8回 芸術祭」・志免町文化協会発表会

  20年3月16日(日)  志免町民センターにて  10時~16時

 「菜の花に 映る櫓は 世界一」 … 昨年秋の文化祭・曲水の宴で私が詠んだ俳句 

 今日3月16日1_3は私の61歳の誕生日でした。

志免町文化協会の「第8回芸術祭」が大勢の参加者と観衆が集い開催されました。会場で文化協会会長とお話をいたしましたが「年々参加者と観衆が増えてきている。家で腰が曲がっているお年寄りも、このステージに立つとシャンとする。それがこのイベントの良さ。舞台の大道具もボランティアの方の協力で制作し、当日の出し入れも皆さんの協力でできている」と熱く語られました。(写真はステージの一幕)

2_2

 またセンターフロアーでは絵画や写真等、文化作品が展示されています。会場では押し花の実演も開催されました。(写真・右)

 昨年秋に開催された文化祭・曲水の宴で私が詠んだ俳句も皆さんと一緒に会場に掲示されていました。(「広報・しめ」3月号にも掲載)

2008年2月10日 (日)

志免街並み風景絵画

  20年2月7日(木) 久我美術館にて

 新聞で開催の1紹介がなされ、絶対に行きたいと思っていましたが、幸い福岡での会議が早く終わったのでとんでいきました。

 展示会は元教員の方で絵画をたしなんでおられる方々の作品展示会で、特に粕屋郡地域の街並みの絵を中心に展示されており、昔の志免鉱業所(写真左2)や志免の街並みは素晴らしいものでした。(写真右)

 写真の絵をはじめ、志免関係の絵は、志免出身の、八久保卓爾さんの作品です。会場で八久保さんを囲み鑑賞に来られていた方々と絵の中に描かれた風景の談話と素晴らしい街並みを絶対に保存しなければと盛り上がりました。 いつか近い日に、別の形で八久保さんの作品展示会を開催できればと思っております。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック